18歳の韓国人少年、 IS加入のために自ら渡航

1月10日に失踪した少年が宿泊していたホテル。

1月10日に失踪した少年が宿泊していたホテル。(シリアに接するトルコ国境の町キリス)

韓国社会に衝撃を与えたキム君のトルコ失踪事件は、IS加入のために自ら渡航したと推測されている

ISトルコ支部幹部とのメッセンジャー対話画面キャプチャ

ISトルコ支部幹部とのメッセンジャー対話画面キャプチャ

彼は中学校から学校生活に適応できずに自宅で生活していた。出国前には母親に対し「トルコ旅行に行かせて欲しい」とせがみ、「行かせてもらえないなら自殺する」と言って両親に迫ったという。

困った両親は教会の知人に相談し、そこで紹介された海外宣教経験のある人物をトルコに同行させた。
そして現地到着後、キム君は同行者に気付かれずにホテルを出て違法タクシーに乗車したことが監視カメラの映像から確認された。

検察が入手した彼のパソコンからはISトルコ支部幹部とされるハッサンという人物にIS加入について問い合わせるチャット履歴が確認され、1年間に500回以上もISについて検索していたことが確認された。また、彼のパソコンの壁紙は、IS関連の写真だったという。

彼は出国前にTwitterに「この国を離れて新しい生活を送りたい」、「フェミニストが嫌いだ。ISを支持する」という内容のコメントを残しており、韓国法務部は若者の模倣を警戒していると伝えられた。